小野川温泉とファンをつなぐ看板へ。
温泉むすめを描いたデザインにリニューアルしたい!

クラウドファンディングプロジェクト:小野川温泉とファンをつなぐ看板へ。温泉むすめを描いたデザインにリニューアルしたい!
実施確定
  • 残り時間
  • 売れた商品数
    84
  • 集まっている金額
    ¥1,395,000
139%
目標金額 ¥1,000,000
このプロジェクトは目標達成型です。
ファンの思いが温泉街を変える――。小野川温泉(山形県米沢市)の古くなった看板をリニューアルし、小野川温泉の温泉むすめ「小野川小町」に会える町にしたい。そんな思いから、クラウドファンディングに挑戦します。
    • 新着情報

    • ◆10月3日(木)
      「小野川小町」お披露目会の様子をアップしました。
    • ◆10月10日(木)
      目標額の達成について、アップしました。
      たくさんのご支援をいただき、ありがとうございます。
    • ◆10月11日(金)
      ネクストゴールとして、【目標額:130万円】を設定しました。
      小野川小町の絵馬を置く場所を作ります。
      詳細は「新着情報」をご覧ください。
      引き続きのご支援や、Facebookやtwitterでのシェアなど、皆様のお力をお借りできますと幸いです。
    • ◆10月28日(月)
      ネクストゴール(セカンドチャレンジ)達成の御礼について、アップしました。
      次の目標も、温泉街で検討しています。
      たくさんのご支援を、ありがとうございます。
    • ◆10月29日(火)
      雑誌「旅行読売」に本プロジェクトの記事が掲載されました。
      ぜひご覧ください。
    • ◆11月1日(金)
      新たなネクストゴール(サードチャレンジ)について、記載しました。
      【目標額:150万円】とし、小野川小町ちゃんの等身大パネル設置場所などがわかる「マップ付きチラシ」の作成に挑戦します。
      ぜひご一読の上、ご支援をお願いいたします。
    • 温泉むすめで地域活性化。小野川小町に会える温泉街づくり

    • みなさま、はじめまして。

      山形県米沢市の小野川温泉にある「観光知実行委員会」の遠藤です。
      私たちは、温泉街の旅館や土産物屋、飲食店の後継者からなる組織で、小野川温泉の温泉街の活性化に取り組んできました。

      令和元年10月1日。
      日本中が消費税アップで持ちきりのこの日、小野川温泉は違うニュースでわきました。
      温泉むすめ「小野川小町」のお披露目です。
    • 温泉むすめ公式サイト 小野川小町のページ
    • 温泉むすめは、温泉をモチーフにした美少女キャラクター。
      全国に119人の温泉むすめがいます。
      120番目の小野川温泉をモチーフにしたキャラクターが「小野川小町」です。

      かわいいでしょ?

      この度、米沢市のおしょうしな観光大使にも任命されました。
      そこで、小野川小町ちゃんに温泉街の案内役をお願いし、盛り上げていただくプロジェクトが始まりました。

      名づけて、「小野川小町ちゃんに会える、そぞろ歩きが楽しい温泉街づくり」。

      小野川小町ちゃんに会える温泉街をファンの皆様と一緒に作ります。
      具体的には、小野川小町ちゃんをあしらった看板を温泉街に作ります。

      企画実現に向け、温泉むすめを手掛けるエンバウンド社とともに、クラウドファンディングに初挑戦。
      温泉むすめに会える温泉街づくり、応援よろしくお願いします。
    • どうして看板づくりなの?

    • 米沢市は豪雪地です。
      冬になると、温泉街にも3メートル近い積雪があります。

      「温泉地だからすぐに融けるでしょ?」と言われますが、12月に降った雪は根雪となり、3月まで消えません。

      雪は、ツンデレです。
      良い面もあれば、悪い面もあります。

      純白の銀世界、一面の雪景色が見れたり、スキーやスノーボードを楽しめます。
      また、巨大なかまくらを並べ、「かまくら村」を作って、豆もやしラーメンを出前し、観光資源として活用してきました。
    • 一方、毎日の生活で雪かきや雪おろしは、必須の作業。
      軽そうに見えますが、雪のかたまり1m ×1m ×1mで重さは1トンになります。
      その重みで、屋外にあるものは大きな被害を受けます。

      家だって、雪おろししなければ、壊れます。
      屋外の看板などは、真っ先に壊れてしまいます。
      今、温泉街にある看板の老朽化が進み、修繕したいと思っています。
    • 小野川小町ちゃんのセリフにも出てくる「小町の休み石」。
      その説明の看板も、雪でボロボロに。
      温泉むすめファンが訪れるのに、この看板はあんまりです。
    • 「温泉むすめ」との出会い

    • そんなとき、温泉地をモチーフにした美少女キャラクター「温泉むすめ」の存在を知りました。
      温泉むすめでお隣・福島県の飯坂温泉が変わっていく姿を目の当たりにしました。

      エンバウンド社の橋本社長が飯坂温泉にいらっしゃるのを聞き、直談判に行きました。
      「小野川温泉をイメージした新たなキャラを作ってほしい!」とお願いしました。
      橋本社長に快諾いただき、小野川温泉のメンバーとのキャラ作りが始まりました。

      名前は「小野川小町」。
      834年に小野川温泉を見つけたと伝わる小野小町になぞらえています。

      実は、すでに温泉街の様々な場所で小野小町を見かけます。
      おみやげ屋さんには、昭和の小野小町が飾られています。
      平成には、ゆるキャラ「にゃん小町」も生まれました。
      そして、令和は温泉むすめ「小野川小町」。

      小野小町をモチーフにしたまちづくりは、これまでも行われてきました。
    • そもそも温泉むすめは、それぞれの温泉地の神様という設定です。
      苗字はすべて温泉地の名前です。
      最上位の神様「スクナヒコ様」から、温泉地を盛り上げるよう命を受け、アイドルとして活動するというストーリーです。

      温泉地の神様にまちづくりの旗振り役になっていただく。
      小野川小町ちゃんへの応援が、小野川温泉のまちづくりにつながる。
      応援いただいた方には、グッズをお送りしたり、温泉街で使える券をお届けしたり、お名前を看板に記したり、温泉街とつながっていただく。

      温泉街とファンが、小野川小町で結ばれ、ぶらり歩けば小野川小町に会える。
      そんな温泉街にしたいと思っています。

      これまで、まちづくりは温泉街のメンバーが考えたものを作ってきました。
      お客様に気に入っていただけるかは、やってみなければわかりませんでした。
      今回の取り組みはファンの想いが温泉街を変えていきます。
      選挙のように考えに賛同した一票により、取り組みが前に進みます。

      この出会いを活かして、温泉街をいかに盛り上げるか?
      会議で何度も検討しました。
    • 「小野川温泉」とは

    • 小野川温泉をご存じない方のために、温泉についてお話しします。

      山形県米沢市には、米沢八湯と呼ばれる8つの温泉があります。

      その1つが「小野川温泉」です。
      温泉旅館が13軒、土産店やラーメン屋、カフェなどが並ぶコンパクトな温泉街です。

      834年に小野小町が開いたと伝わっています。
      「美肌の湯」として、ながらく地元で愛されてきました。
      分析の結果、メタケイ酸、ナトリウムなど、美肌成分が豊富に含まれ、化粧水のような温泉と言われるようになりました。

      小野川小町ちゃんにピッタリの温泉ですよね。
    • 「温泉むすめ」って、なに?

    • 温泉地をモチーフにした美少女キャラクターです。

      現在、全国には120人の温泉むすめがおり、小野川小町は120番目です。

      「地域活性プロジェクト」として、アニメや漫画が作られ、キャラクターひとりひとりを違う声優さんが担当し、新たな切り口で温泉地を伝えています。
      声優さんがユニットを組み、CDを発売し、ライブも行っています。

      声優さんを招くイベントは、各地で大人気。
      9月14日には、お隣の福島県飯坂温泉でイベントが行われ、320人のファンが参加しました。
      イベントだけでなく、普段から聖地巡礼やグッズ購入で訪れるファンも多いのが特徴。
      地方の温泉地に光を当て、ファンとつなぐ。

      それが「温泉むすめ」のチカラなのです。
    • 運営会社のエンバウンドは、内閣府からクールジャパン企業に選ばれました。
      キャラクターたちは有馬温泉や道後温泉、台湾など各地で観光大使を務めています。
      観光庁も市町村も応援する地域創生プロジェクトです。
    • 上の写真は有馬温泉での様子です。
      等身大のパネルと現地でしか買えないオリジナルグッズが、温泉むすめの醍醐味と言えます。
    • 「小野川小町」誕生!

    • 今回、小野川温泉に誕生した温泉むすめの名前は「小野川小町」。

      120番目のキャラクターです。
      声優は、【村上 奈津実】さん。
      イラストは、【ほし】先生が手がけました。
      キャラクターごとに声優と絵師(イラストレーター)が異なるのも温泉むすめの特徴です。

      四季を愛する雅で艶麗な歌人むすめ。
      動物が好きで、よく猫を愛でたりほたるの観賞をしたりしている自然派です。
    • 誕生日 : 9/8    星座 : 乙女座    血液型 : O型
      身長 : 150cm    スリーサイズ : B85/W55/H75

      趣味:ほたるの観賞、かまくらでラーメンを食べる
      特技:和歌、妄想
      好き:猫、豆もやしラーメン、米沢牛、芍薬
      苦手:烏の行水をする人
    • ご覧いただいている、あなたへのメッセージ

    • みんなで叶える、新しい地方のカタチ

    • 温泉むすめは、単なるキャラクター以上の可能性を秘めていると、私たちは考えます。

      「いい温泉なんだけど・・・」
      「もっと宣伝すればいいのに・・・」

      小野川温泉を訪れたお客様の実際の声です。

      「どこにもないような成分豊富な美肌泉質」
      「地元で食べる米沢牛」
      「浴衣に下駄で歩いて楽しめる温泉街」

      わかっているけど、十分に伝えきれていなかった温泉地の魅力。
      実は、いっぱいあります。

      でも、自分の口では、なかなか言えない東北人。
      代わりに温泉街の案内役として、魅力を伝えてくれるのが温泉むすめです。
      地方の温泉地に新たな光を与えてくれます。
      温泉むすめが秘めた可能性を感じています。

      また、温泉むすめは、温泉街のPR役だけでなく、ファンと温泉地をつなぐキューピッド役でもあります。
      旅行に行くきっかけになり、グッズがお土産になり、クラウドファンディングで街が変わる。

      温泉むすめが伝え、温泉むすめがつなげる。

      今回のプロジェクトは、小野川温泉だけのお話ではありません。
      実は、温泉むすめの価値に気づいていない温泉地がたくさんあります。
      このプロジェクトが成功すれば、「うちも頑張ろう」と他の温泉地によい影響を与えます。

      また、ファンと温泉地がキャラクターでつながり、ともにプロジェクトを進めつづけるという新たな事例になります。
      これまでの温泉地は、補助金など、その時は何かできても継続的にできない構造にありました。
      だから、看板は直らないままなのです。
    • 温泉むすめ「小野川小町」が持つ地方を変えるチカラ。

      新しい地方創生の形に、皆様のご支援をお願いいたします。
      そして、いつの日か小野川温泉を訪れ、その成果をぜひ現場でご覧ください。

      ファンからのご支援という新しいスタイルは、小野川温泉だけの話ではなく、他の温泉地にとっても注目の的です。
      小さな一歩が、波紋となって大きく業界を変えていけるよう、ファンとともに成長できる温泉街を目指し、頑張ってまいります。

      応援よろしくお願いいたします。
    • スケジュール

    • 【2019年】
      11月19日    クラウドファンディングの支援受付終了
      12月下旬より順次 リターンの発送開始

      【2020年】
      4月ごろ    雪解けを待って看板制作開始
      6月ごろ    看板が完成次第、順次設置
      随時      SNS等にて皆様にご報告
              小野川温泉の公式ツイッターアカウント
              @onogawa_onsen をフォローください。
  • 新着情報

    次のチャレンジは「マップ付きチラシ」
    2019/11/01 09:10:11
    看板、絵馬掛けとご支援をいただき、ありがとうございました。
    次なるチャレンジを温泉街で話し合いました。

    温泉むすめ「小野川小町」のプロジェクトがスタートしてちょうど1ヶ月。
    たくさんのファンの皆さんが訪れてくださいました。
    私たちは、よく知っている温泉街ですが、ファンは初めて訪れる方が多いのが現状。
    サイン入り等身大パネルの設置場所が、温泉街からちょっと離れていることもあり、気づかずに帰ってしまわれる方もいらっしゃるようです。

    そこで、新たなネクストゴール(サードチャレンジ)では、小野川小町ちゃんのグッズや温泉街のマップがまとまった、両面カラーのチラシを作りたいと思います。
    他の温泉地でも応用可能なものを、と思っています。

    これで温泉街巡りがしやすくなること、間違いなしです。
    ぜひご支援をお願いいたします。

    雑誌「旅行読売」に掲載
    2019/10/29 10:24:21
    10月28日発売の雑誌「旅行読売」に本プロジェクトの記事が掲載されました。「列島たび前線」のコーナーです。ぜひご覧ください。

    旅行読売のHPはこちら https://www.ryokoyomiuri.co.jp/

    再び、ご支援ありがとうございました!
    2019/10/28 22:15:30
    F5671aa64f347fc1f24b55d97b5ce6f243d45d06
    開始から27日。
    ネクストゴール(セカンドチャレンジ)も達成することができました。
    クラウドファンディングだけでなく、温泉街に足を運んでいただいたり、お泊まりいただくファンの方も多く、大変感謝しています。

    薬師堂の絵馬も徐々に増えてまいりました。
    今までは、仮の置き場でしたが、ネクストゴールの成功を受け、きちんとした絵馬掛けを準備いたします。

    温泉むすめファンの皆様、小野川小町ファンの皆様、村上奈津実さんのファンの皆様、ほし先生のファンの皆様、そして小野川温泉のファンの皆様、ご支援いただいたたくさんの皆様に、心より御礼申し上げます。

    「看板」「絵馬掛け」を作ってまいります。
    また、さらなるチャレンジも今、温泉街で考えております。

    温泉むすめの取り組みがスタートしたからこそのチャレンジに取り組みます。
    この度は、本当にありがとうございました。

    【ネクストゴール】薬師堂に絵馬掛けを設置したい!
    2019/10/11 11:05:27
    B02a92fd1a5c861aa4d80b27999cad1403365569
    この度は、クラウドファンディングにご支援いただき、誠にありがとうございました。
    プロジェクトの終了まで1か月以上ありますので、「ネクストゴール」を設定しました。

    10月1日より、小野川小町の絵馬が奉納されているのが薬師堂。
    温泉を見つけた小野小町伝説にも登場するお薬師様を祀る、いわゆる温泉神社です。

    今回、急ごしらえではありますが、絵馬が置けるように紐を設置しました。
    でも、せっかくだから、ちゃんとした絵馬掛けを置きたい。
    冬場の雪対策も考えつつ、皆様の願いをお薬師様にお届けするべく、置き場を設けたいと思います。

    ぜひ、小野川温泉にお越しいただき、絵馬に願いを込めてご奉納ください。
    願い事を書いてくださった皆様の夢が叶いますように・・・。

    ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

    ご支援ありがとうございました!
    2019/10/10 22:35:23
    開始から10日。
    私たちも驚くべきスピードで目標を達成できました。
    温泉むすめファンの皆様、小野川小町ファンの皆様、村上奈津実さんのファンの皆様、ほし先生のファンの皆様、そして小野川温泉のファンの皆様、ご支援いただいたたくさんの皆様に心より御礼申し上げます。
    看板作りを本格的に始動させるとともに、さらなる目標にもトライしてみたいと思います。
    引き続き、よろしくお願いいたします。
    この度は、ありがとうございました。

    温泉むすめ「小野川小町」お披露目会
    2019/10/03 00:12:33
    Fbc3ac9dbdc9f2c18a192a4c8294b0042961e789
    温泉むすめ「小野川小町」のお披露目会を10月1日午後、山形・米沢の小野川温泉で開催しました。
    キャラクターの発表とともに、米沢市のおしょうしな観光大使就任、クラウドファンディングについてもお伝えしました。

    米沢市長をはじめ、米沢市の観光課、ブランド戦略課、山形県の観光振興室、若者支援男女参画協働課、米沢商工会議所、米沢観光コンベンション協会、JTBさんなど、行政や観光関係の皆様が駆けつけてくださいました。

    また、読売新聞、朝日新聞、河北新報、山形新聞、米沢新聞、山形テレビ、さくらんぼテレビ、NCVの各報道機関が取材に訪れ、盛大なお披露目会となりました。

プロジェクトオーナーのプロフィール

6eea5881154cc352a25cf11d55f7a2c67c383b75

小野川温泉観光知実行委員会

山形県米沢市には、8つの温泉があり、米沢八湯と呼ばれています。その1つが小野川温泉です。834年に小野小町が開湯したと伝わる歴史ある温泉地です。伊達政宗公や上杉鷹山公など、歴代の当主にも愛され、「上杉の奥座敷」と呼ばれてきました。「美肌の湯」としても知られ、すべての宿が源泉100%掛け流しです。 観光知実行委員会は小野川温泉の旅館、商店などの若手が集い、まちづくりを行う組織です。今回は、新たな温泉むすめ「小野川小町」を迎え、温泉街活性化を目的に、クラウドファンディングを行います。
お問い合わせ
販売商品
応援します!コース
¥3,000 (税込)
残り 100
ご提供予定時期:12月下旬より、順次発送開始予定
描きおろし絵葉書コース
¥4,000 (税込/送料込)
残り 295
ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
温泉街に名を残すコース
¥5,000 (税込/送料込)
残り 69
ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
グッズで応援コース
¥10,000 (税込/送料込)
残り 69
ご提供予定時期:12月下旬により順次、発送開始予定
リターンなし!ガチ応援コース
¥10,000 (税込)
残り 45
ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
行くぞ!小野川コース
¥20,000 (税込/送料込)
残り 42
ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
限定1名!等身大パネルコース
¥100,000 (税込/送料込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
【企業協賛】小町のタニマチ
¥200,000 (税込)
残り 7
ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
FAQ・ヘルプ

販売商品一覧

  • 支援者の皆様へ、御礼のメールをお送りします。
    買い物かごに入れる
    • 価格(税込)
      ¥3,000
    • 残り
      100
    ご提供予定時期:12月下旬より、順次発送開始予定
  • 感謝のメールに加えて、小野川小町の作者、ほし先生のオリジナル描きおろしポストカードをお届けします。
    買い物かごに入れる
    • 価格(税込/送料込)
      ¥4,000
    • 残り
      295
    ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
  • 感謝のメールに加えて、小野川小町の作者、ほし先生のオリジナル描きおろしポストカードをお届けします。さらに、温泉街の看板にお名前を記載します(希望者のみ)。
    買い物かごに入れる
    • 価格(税込/送料込)
      ¥5,000
    • 残り
      69
    ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
  • 御礼のメールをお送りします。描きおろしポストカードに加え、小野川小町グッズ「ステッカー」と「絵馬」と「手ぬぐい」をお届けします。さらに、温泉街の看板にお名前を記載します(希望者のみ)。
    買い物かごに入れる
    • 価格(税込/送料込)
      ¥10,000
    • 残り
      69
    ご提供予定時期:12月下旬により順次、発送開始予定
  • 小野川温泉や小野川小町を本気で応援したい、あなたのためのコースです。絵葉書や温泉街で使える金券は付かないコースです。ガチ応援の御礼として、「ガチ感謝メール」を送ります。
    買い物かごに入れる
    • 価格(税込)
      ¥10,000
    • 残り
      45
    ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
  • 御礼のメールをお送りします。小野川温泉でのお買い物やご宿泊に使える「1万円分の金券」をお届けします。1,000円 × 10枚。温泉街指定の15店舗でご利用ください。金券の有効期限は2020年12月25日です。宿泊にご利用の際、旅行会社経由の予約は利用できません。宿の公式サイト(自社HP)もしくはお電話でご予約ください。
    買い物かごに入れる
    • 価格(税込/送料込)
      ¥20,000
    • 残り
      42
    ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
  • 1名様限定で温泉むすめ「小野川小町」の等身大パネルがゲットできるコースです。温泉街にあるものと同じ、本物です。ガチ感謝メールもお届けするほか、ご希望があれば、温泉街の看板にお名前を記します。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥100,000
    • 残り
      0
    ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定
  • 企業向けのコースです。小野川温泉と小野川小町を応援いただける企業を募集しています。ご希望があれば、看板の裏に会社名を記載いたします。
    買い物かごに入れる
    • 価格(税込)
      ¥200,000
    • 残り
      7
    ご提供予定時期:12月下旬より順次、発送開始予定

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    株式会社エンバウンド

    所在地
    東京都渋谷区富ヶ谷1-35-20-706

    連絡先
    電話:03-6875-0595
    メール:info@enbound.co.jp

    販売責任者
    橋本竜

    販売価格
    各プロジェクトページの「チケット代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカード(VISA/Master)によりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    プロジェクトが成立した時に決済が行われます。すでに成立しているプロジェクトの商品を購入した場合は、商品購入時に決済します。
    プロジェクトが目標金額に達しなかった場合、プロジェクトは不成立となり、決済はされません。

    商品(チケット記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    プロジェクトが未成立の場合に限り、商品の購入をキャンセルすることが出来ます。ただし、プロジェクトの募集期間終了まで残り8日未満の場合はキャンセルできません。